お知らせ

2009

第1回やまなし産業大賞を受賞しました

2009年11月30日

当社は、本年度新設されたやまなし産業大賞を受賞しました。同賞は、山梨県が県産業の発展、地域経済の活性化に対する貢献が顕著な企業等を表彰する ことにより、県内企業の活動意欲を高め、地域の核となる企業を育成することを目的として創設されたものです。

選考にあたっては、世界シェアの6割を占める光学単結晶を基盤に最先端の素子やモジュールなどを開発するなど、特定の分野で世界に通用する当社の高い技術 力が評価につながりました。当社は、この受賞を励みとしてこれからも地域経済の振興に努力してゆく所存です。

詳細は同賞HPをご覧下さい。

大型BSO結晶の安定供給体制の確立に成功

2009年10月31日

BSO結晶は、高エネルギー計測分野における有望なシンチレータ※材料として長らく注目されていました。しかし、これまで大型で高品質なBSO結晶 を高い歩留まりで製造することができなかったため、応答性や・変換効率で劣るCsIやBGOといった結晶が用いられてきました。このたび当社は、創業以来 改良を続けてきた連続原料供給結晶育成技術を用いることにより大型で高品質なBSO結晶を安定的に供給できる生産体制を確立しました。

また高エネルギー計測に使用されるシンチレータ結晶は、数百から数千個という単位で必要とされますが、それらの形状は多様で、それぞれ異なったテー パー角 が求められます。かつそれらの形状を高い寸法精度で仕上げることが要求されます。当社は、結晶育成技術に加えて、X線回折を用いた方位出し技術をベース に、切断・研磨技術を活用してかかる要求仕様に応えることが可能です。
同結晶を用いることにより、大規模核物理実験における取得データ量が大幅に増加し、同分野の研究開発に寄与することが期待されます。

当社は、同結晶を、米国で今月開催された核物理学界の世界的シンポジウム2009 IEEE NIS/MICに出品いたしました。

(※)シンチレータとは、電離性放射線が通過する際に発光する特別な物質のことで、この発光をとらえることで放射線の計測が可能になります。

第3回ものづくり日本大賞特別賞を受賞しました

2009年07月31日

当社社長古川保典をはじめとする当社設立以来の役職員6名は、提携先企業である株式会社SWINGの役職員4名とともに、このたび第3回ものづくり 日本大賞特別賞を受賞しました。

「ものづくり日本大賞」は、総理大臣表彰制度として我が国の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献し てきた「ものづくり」を着実に継承し、さらに発展させていくため、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材等を表彰する制度です。

今回の特別賞 は、(財)物質・材料研究機構によって研究開発された技術である高精度重量検出システム、高精密自動直径制御システム、原料粉末精密供給システムを備えた 結晶製造装置の開発、及び高歩留まり分極反転技術を確立し、実用化レベルの結晶および素子製造技術まで高めてきた業績が評価されたものです。

詳細は同賞HPをご覧下さい。

レーザー波長変換モジュールを新製品販売開始

2009年06月30日

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

当社は、このたび、1ミクロンの赤外レーザー光の波長を半分の0.5ミクロンの緑色光に変換する波長変換モジュール部品の製品化に成功し、今月より製造・ 販売を開始します。

今回製品化に成功したモジュールは、オキサイド独自の単結晶であるタンタル酸リチウム単結晶、ニオブ酸リチウム単結晶基板を活用したものです。ま た、本モ ジュールは、通商産業省関東経済産業局が複数の中小企業コンソーシアムによる新規事業を支援する「新連携計画」の認定を受け、2007年7月から開発を進 めてきた成果を活用したものです。

レーザー波長変換モジュールは、光通信や光計測、光加工、光医療など幅広い分野への応用が期待されます。当面は、これら分野の企業の研究機関や大学へ試験 導入を促し、本格導入時に量産を始める計画です。

次世代光通信用の分散補償器の製造・販売を開始

2009年01月31日

当社は、このたび、日立金属株式会社からエタロン方式の高速光通信用可変分散補償器の技術移管を受けて、同製品の製造・販売を開始しました。分散補 償器 は、長距離伝送における光信号のひずみを修復(補償)する装置で、通信会社が2010年にも本格導入されるといわれる毎秒40ギガビット(現行の4倍)の 大容量次世代光通信網の構築に不可欠な部品です。当面は通信会社に試験導入を促し、本格導入時に量産に移る計画です。

当社は創業時から育んできた光学単結晶育成技術を中核に、光波長可変デバイス技術および光モジュール化技術への展開とこれら技術の融合を進めてまいりまし たが、今回の分散補償器の製造・販売はその戦略の一環で、今後の事業領域拡大の一つのマイルストンとなるものです。

お電話でのお問い合わせ 0551-26-0022 メールでのお問い合わせ・資料請求

お知らせ
ホーム サイトマップ プライバシーポリシー お問い合わせ ページの先頭に戻る