デバイスプロセス

特許の周期分極反転素子(PPMgSLT)は、結晶の最大非線形定数を利用してCWレーザやQCWレーザのシングルパスでの波長変換を可能にします。また近年、急速に利用が進んでいるファイバーレーザの波長を元のビーム品質を損なうことなく可視や紫外領域に変換することが可能な波長変換器もご用意しております。
ご要望に応じて、経験あるすぐれたエンジニアがお客様の用途に適した波長変換器を設計いたします。