Dr. SPECKLE Model: SM01VS11 (Preliminary)

露光時間依存性を評価可能なスペックルノイズ評価ツール

特長

  • スペックルコントラスト測定装置に電子増倍型CCDカメラを搭載

 (現行機種SM01VS09と比べて受光感度を最大20倍まで高くすることが可能)

  • ヒトの眼の応答時間(≒80ms)に近い露光時間で測定可能
  • 測定時の露光時間を自由に設定可能
  • 露光時間の幅広い範囲で測定可能
  • Dr. SPECKLEシリーズのソフトウェア資産を継承

用途

  • 時間変化するスペックル低減デバイスを搭載したレーザーディスプレイのスペックルノイズ評価

(暫定)仕様

スペックル計測 測定量 スペックルコントラスト CS = σ / Ibar
測定可能範囲 0.01 ~ 1.00
測定条件 光束 10 ルーメン以上(単色)
波長 可視光域
投影画像

光強度面分布の均一な光ビーム

または静止画

カメラ 受光素子

電子倍増型CCDイメージセンサー,

26万画素(512x512)

シャッター形式 電子シャッター
A/D変換 16 bit (65,536階調)
カラー 白黒
露光時間(シャッター速度) 0.01~6.5秒
開口サイズ ピンホール径: φ1.2
フィルタホイール 搭載フィルタ:赤色,緑色,青色, ND(OD:2.0)
消費電力 150W (コンピュータを除く)

外形寸法

及び質量

スペックル

測定ユニット

366 (L) ×132 (W)×222 (H) mm, 5.8kg
制御ユニット 253 (L) ×215 (W)×154 (H) mm, 4.2kg

お電話でのお問い合わせ 0551-26-0022 メールでのお問い合わせ・資料請求

ホーム サイトマップ プライバシーポリシー お問い合わせ ページの先頭に戻る